■概要
 和49 年12月、岡山県倉敷市における巨大タンクからの流出事故、三重県四日市市における屋外タンク火災を教訓として、石油コンビナート等災害防止法が立法さ れ、九号地に所在する関係各社は、「防災研究会」を設け、防災対策の具体的事項の検討に着手し、昭和51年12月、法で指定された特定事業所24社の合意 のもと、共同して防災組織の設立に向け研究を進めました。  和52 年6月15日、名称を「九号地共同防災協議会」として、会員全24社で発足し、オイルフェンス展張船とともにオイルフェンス820メートル、泡原液 12,000リットル等の防災資機材を配備し、同年12月には大型化学消防車を購入、機関員は専任とし防災要員は暫定的に24社の防災要員が輸番で運用す る体制をとりました。

「九号地共同防災協議会」は、社会的信頼のもとに防災活動を推進する為、昭和53年12月「社団法人九号地共同防災組織」として法人格を取得しました。

 和54年6月「防災センター」を設置し、大型高所放水車・泡原液搬送車を購入、陸上及び海上防災業務の実施体制を整備するとともに、防災要員も専任とした防災体制を確立しました。

構成事業所の変革に伴ない、平成13年度省力型消防車3点セットを配置し、保安防災体制の充実強化を図りました。

 成25年4月1日には、法人改革に伴い、一般社団法人に移行しました。

 和2年4月1日にオイルフェンス展張船を更新し、海上防災体制の強化を図りました。

■所在地
名 称

一般社団法人 九号地共同防災組織

所在地

〒455-0028

名古屋市港区潮見町37番地の21

T E L

052-613-1575

F A X

052-613-1577


■防災センター事務所

敷地面積
1000
建 物
鉄筋コンクリート造3階建
建物面積
234.649
1 階
229.642
車庫・控室・倉庫・浴室 等
2 階
51.213
仮眠室
3 階
204.680
事務所・会議室・休養室・ロッカー室 等
延 面 積
485.535
高さ 9.9m

クリックすると拡大図になります
 

■防災の態勢
基 地
防災資機材
防災要員
陸 上
防災センター

3点セット 1組

大型化学消防車(省力型) 1台
大型高所放水車(省力型) 1台
泡原液搬送車(省力型) 1台
可搬式放水砲 1基
    耐熱服 2着
    空気呼吸器 3個
    防火衣 19着
    泡消火薬剤 12,000L
指揮者 1名(常駐)
専任防災要員 3名(常駐)
   
委託会社(中京綜合警備保障株式会社)
海 上
防災センター
オイルフェンス展張船 しらゆり 1隻
オイルフェンス 820m
オイルフェンス巻取機 3基
船舶乗組職員 2名(常駐)
防災活動要員 1名(常駐)
委託会社(伊勢湾防災株式会社)
■オイルフェンス展張船の概要
船 名
しらゆり
総トン数
14.00トン
出 力
128KW×2基
放水銃
1基
しらゆり